このFAQが掲載されているサイト名: 有明国際特許事務所2.0---www.ariapat.jp

社外秘の情報については、ITCの提訴に対してどのように守ることができますか?

回答者: Marshall 掲載日時: 12-Nov-2009 15:41

社外秘の情報については、ITCの提訴に対してどのように守ることができますか?

社外秘の情報については、行政法判事(administrative law judge)が保護命令(Protective order)を出すことで、秘密が漏れるようになることを防ぐことができます。社外秘情報を含む書類をどのように扱うかを保護命令は言及するようにしており、このような命令により、外部の法律事務所の弁護士は取り扱うことができるが、相手方の社内弁護士は接することができなくなります。社外秘の情報については、秘密情報として取り扱うことを要求する必要があり、そのようなマークを明確に書類の表紙に付ける必要があります。

このFAQが掲載されているサイト名: 有明国際特許事務所2.0---www.ariapat.jp : http://ariapat.jp/modules/smartfaq/faq.php?faqid=62