有明国際特許事務所2.0---www.ariapat.jp - SmartFAQ - 米国関税法 - 調査については、当事者間の合意や契約で和解することができますか?
TOP FAQ NEWS ACCESS SITEMAP CONTACT English Site 有明国際特許事務所2.0---www.ariapat.jp
ID P/W 新規登録 |パスワード忘れ
Welcome Back. Time is now: 17/10/24 - 12:47 PM
 Welcome Guest ( Login | Register )
Menu
SmartFAQ - 米国関税法 - 調査については、当事者間の合意や契約で和解することができますか?
SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)

調査については、当事者間の合意や契約で和解することができますか?
回答者: Marshall 掲載日時: 12-Nov-2009 18:03 (3111 回閲覧)
337条の調査は、当事者間の合意や、さらにはライセンシングや仲裁などによって和解することができ、和解により調査を終了させることができます。また、判事からの和解命令などによっても調査を終了させることができます。また、委員会では自発的で試験的な調停プログラムを用意しており、当事者は利用することが可能です。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Search

高度な検索
Google Map
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |