有明国際特許事務所2.0---www.ariapat.jp - SmartFAQ - 米国関税法 - どのように第337条の調査は進められますか?
TOP FAQ NEWS ACCESS SITEMAP CONTACT English Site 有明国際特許事務所2.0---www.ariapat.jp
ID P/W 新規登録 |パスワード忘れ
Welcome Back. Time is now: 17/08/18 - 12:18 PM
 Welcome Guest ( Login | Register )
Menu
SmartFAQ - 米国関税法 - どのように第337条の調査は進められますか?
SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)

どのように第337条の調査は進められますか?
回答者: Marshall 掲載日時: 12-Nov-2009 17:53 (3953 回閲覧)
訴状が提出されると、OUII(Office of Unfair Import Investigations:不正輸入調査室)が、通常訴状の提出から30日以内に調査を開始するか否かを決定し、訴状が仮処分(temporary relief)を伴う場合には、通常35日以内に仮処分について決定を行う。ITCが337条の調査を進めることは、Federal Registerにも記載される。また、委員会は当事者の居る国の米国大使館にも訴状と337条の調査開始通知の副本を送達する。委員会が訴状に基づき調査を進めないと決定した時は、その旨が全部の相手に連絡されるが、調査しない決定は希である。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Search

高度な検索
Google Map
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |