有明国際特許事務所2.0---www.ariapat.jp - SmartFAQ - 米国関税法 - 社外秘の情報については、ITCの提訴に対してどのように守ることができますか?
TOP FAQ NEWS ACCESS SITEMAP CONTACT English Site 有明国際特許事務所2.0---www.ariapat.jp
ID P/W 新規登録 |パスワード忘れ
Welcome Back. Time is now: 17/08/18 - 12:08 PM
 Welcome Guest ( Login | Register )
Menu
SmartFAQ - 米国関税法 - 社外秘の情報については、ITCの提訴に対してどのように守ることができますか?
SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)

社外秘の情報については、ITCの提訴に対してどのように守ることができますか?
回答者: Marshall 掲載日時: 12-Nov-2009 15:41 (4399 回閲覧)
社外秘の情報については、行政法判事(administrative law judge)が保護命令(Protective order)を出すことで、秘密が漏れるようになることを防ぐことができます。社外秘情報を含む書類をどのように扱うかを保護命令は言及するようにしており、このような命令により、外部の法律事務所の弁護士は取り扱うことができるが、相手方の社内弁護士は接することができなくなります。社外秘の情報については、秘密情報として取り扱うことを要求する必要があり、そのようなマークを明確に書類の表紙に付ける必要があります。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Search

高度な検索
Google Map
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |