有明国際特許事務所2.0---www.ariapat.jp - SmartFAQ - 米国関税法 - 提訴に際して何か特別な規定はありますか?
TOP FAQ NEWS ACCESS SITEMAP CONTACT English Site 有明国際特許事務所2.0---www.ariapat.jp
ID P/W 新規登録 |パスワード忘れ
Welcome Back. Time is now: 18/04/26 - 10:43 AM
 Welcome Guest ( Login | Register )
Menu
SmartFAQ - 米国関税法 - 提訴に際して何か特別な規定はありますか?
SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)

提訴に際して何か特別な規定はありますか?
回答者: Marshall 掲載日時: 12-Nov-2009 13:45 (2517 回閲覧)
第337条による提訴については、原則連邦民事訴訟法と同様な手続が進められますが、知的財産権の侵害を伴う提訴の場合、例えば特許であれば、権利成立につての経過情報、経過情報内で引用されている技術文献のコピー、ライセンスが絡む場合には、その契約書などが必要です。また、商標、著作権、回路配置などもその資料を訴状と共に提出します。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Search

高度な検索
Google Map
Login

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失 |